couleur

Ken's Brain

Windows ムービーメーカーでテキストスクロール動画の作成方法を解説!

August 3, 2015
By
約 3 分
Windows ムービーメーカーでテキストスクロール動画の作成方法を解説!

こんにちは!ケンです。

今回はテキストスクロール動画の作り方について解説していきます。

 

テキストスクロール動画とは、テキストを下から上に流れていく動画です。

特殊な方法で作成しているわけではなく、通常の文字入れとテキストがスクロールするエフェクトを組み合わせて作っているだけですので、難しいことは1つもありません。

主に、何かの文章を動画にするために使う編集方法です。

YouTubeアフィリエイトを実践していく際には、テキストスクロール動画を扱う事も多いのでYouTubeで稼いでいきたい場合は必ず覚えておきましょう!

 

この記事に掲載している動画では実際の画面で解説をしていますので、是非ご覧になってみてください!

テキストスクロール動画をお勧めする理由

テキストスクロール動画を僕がオススメする理由としましては「手軽さ」と「取り扱いジャンルの幅広さ」にあります。

「手軽さ」は、初心者の方にとって編集も簡単ですし、難しい編集作業やスキルも必要ないことから参入しやすくなっていますし、

「取り扱いジャンルの幅広さ」は、世間で流行しているニュースのネタ(トレンド)や、何かの事柄に特化した動画づくりなど、幅広くネタを扱うことができるので“稼ぐ感覚”というものを掴みやすいです。

また、テキストスクロールの動画は無料のソフトで行えるので、食投資がかからないのもメリットの1つですね。

 
これらのことから、YouTubeアドセンスに初めて挑戦する、という方にはテキストスクロールの動画をお勧めしています。

1本数分で完成させられる

テキストスクロール動画は、動画のフォーマットを作っておけば1本あたり数分で完成させることもできます。

フォーマットとは、音楽や動画の背景、文字のフォントや色などをあらかじめ指定したもので、扱うネタ(文字)と文字の流れる速さだけ変えたら完成ということだって可能です。

編集にかかる時間が圧倒的に少ないので、何か気になるネタや反応の良いジャンルを見つけたらすぐに取り掛かることができるため、旬のネタやジャンルを逃しにくく稼ぎやすいという訳ですね。

外注にも任せやすく、将来的にかかる労力が少ない

編集が簡単なことから外注に仕事をお願いしやすく、さらに労力をカットすることも可能です。

僕も外注にお願いしていたのですが、

  • ネタ元を探してきて外注に依頼する
  • 完成したものを確認してアップロード

だけで作業完了ということもできます(笑)

とにかく圧倒的に作業量を減らしていくことができるので、まずここから始めてみると良いかと思います。

詳しい作業方法については冒頭の動画で説明していますので、そちらを参考に作業して行ってみてください。

ではでは!




Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)