YouTube動画のSNS共有方法と埋め込みタグ表示を解説!

どうも、柊一刀です。

今回はYouTubeにアップロードされている動画をSNSで共有する方法と、埋め込みタグを表示させてブログなどに埋め込む方法について解説していきます!

ちなみに、この記事の冒頭に表示されている動画も埋め込みタグを張り付けて表示させています。

このように、自分の動画を他の自分の媒体に掲載するのにも使えますし、自分が作った動画ではなくてもYouTubeにある動画であれば簡単に共有できるので是非活用してみてください!

動画をSNSで共有

今回解説するのはパソコンからの操作になります。

SNSでYouTube動画を共有する場合は、まずは共有したい動画の再生ページにアクセスして動画タイトルの下にある「共有」の項目をクリックします。

bandicam 2015-08-04 17-22-25-961

そうしますと、各種SNSで共有するアイコンが出てきますので、共有したいSNSアイコンをクリックしてそのまま書き込めば完了です。

SNSで話題になったコンテンツはアクセスが爆発的に上昇することが多いので、ぜひ取り入れていくと良いですね。
(2016年に爆発的に流行した「ピコ太郎」も、海外の歌手がSNSで共有したのがきっかけでした)

また、SNSアイコンの下に表示されているURLをコピペしても動画の共有が出来ます。

埋め込みタグの表示

ブログやホームページなどに動画を埋め込みたい場合は、埋め込みタグを使うときれいに動画表示が出来ます。

埋め込みタグはYouTubeで自動生成してくれますので、YouTube動画を埋め込みたい場合はそちらを利用すると便利です。

まずは埋め込みたい動画の再生ページにアクセスして「共有」の項目から「埋め込みコード」をクリックします。

そうすると、埋め込みタグが表示されます。

動画の埋め込みサイズなどを変更したい場合は、「もっと見る」をクリックしますと埋め込みの設定ができる画面になりますので、そこから設定しましょう。

bandicam 2015-08-04 17-22-57-491

動画のサイズをもっと細かく設定したい場合は、埋め込みタグを直接編集することでサイズを自由に決めることが出来ます。

「width」が幅のサイズで、「height」縦のサイズになります。
ここの数字を書き換えることで動画サイズの変更が出来ます。

bandicam 2015-08-04 17-23-51-674

埋め込みタグを活用することによって、ユーザーの利便性が高まることもありますので、動画を埋め込んだ方が分かりやすいな~という場合は積極的に埋め込みタグを使っていきましょう。
 

これでSNS共有方法と埋め込みタグ表示についての解説は以上になります。

ブログなどに動画を埋め込む際は非常に便利なので是非使ってみてください!

ではでは!

関連記事

  1. チャットワーク ChatWorkの使い方と登録方法を解説

  2. Windows ムービーメーカーの使い方 トリミングの方法を解説!

  3. スカイプで勝手にオンライン・オフラインになる時の対処法

  4. お名前.comでドメイン取得方法とエックスサーバーにネームサーバーの変…

  5. Thunderbirdサンダーバードの設定方法と使い方を解説!

  6. Twitterツイッターのアカウントの登録方法と使い方を解説!!

  7. YouTube動画で使える無料フリー素材集。音楽やアイコン・ロゴなどを…

  8. Windows ムービーメーカーでテキストスクロール動画の作成方法を解…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

Youtube 公式チャンネル