カメラ転売・マウントの知識で利益アップ

どうも、ケンです。

今回は、カメラレンズのマウントの知識についてです。


マウントとは、レンズとカメラボディの接合部分の形を意味します。

マウントは、メーカーごとに違うので、レンズ専門メーカーが出しているレンズは同じでもマウントが違うものがたくさんあります。

そして、同じレンズでもマウントが違うだけで値段が変わるものもあるので覚えておくと、マウント間違いで出品されているものを安く仕入れれることがあります。

マウントを覚えておくとのメリットは??

マウントをそれぞれ覚えておくと、マウント間違いのものが安く仕入れれるだけではなく、マウントの表記がないものも、自分で判断して仕入れができるようになります。

情報が分からないから仕入れられない…ということも少なくありませんので、ここをしっかり押さえておくことで利益を上げていくことができます。

そして、マウント違いに気づかずに売ってしまってトラブルになるといったことも避けられます。

トラブルやクレーム処理は利益を発生させる部分とは違った作業ですので、この部分はできるだけ時間を割くべきではないので、しっかりと理解して、マウントでのトラブルやクレームは起こさないようにしていきましょう。

動画では、マウントについて詳しく説明しているので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

  1. カメラ転売に必要なレンズに関する主な知識

  2. なかなか行動できないあなたへ

  3. カメラ転売で利益の出る流れをしっかり理解しよう!

  4. カメラ転売で赤字が出る理由と対策

  5. カメラ転売で結果が出なくて悩んでいるあなたへ

  6. 「カメラ転売」 赤字を出さないための相場の見方

  7. カメラ出品用の写真の取り方を解説!

  8. 仕入れたカメラの状態チェックの方法を解説

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

Youtube 公式チャンネル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。