カメラ転売を始める前に、用意しておくもの

どうも!ケンです!

今回は、カメラ転売を始めるにあたって、用意しておいた方がいいものをご説明します。

カメラ転売をこれから始めようと思っているのであれば、道具は先に揃えておいたほうが作業はスムーズに進みます。

 

・撮影用カメラ・レンズ

こちらは、2万~3万円のカメラのボディと標準レンズで十分です。

僕は、マクロ撮影ができるコンパクトデジタルカメラを使用しています。

最初はスマホで撮影して出品していて、問題なく売れていたんですが、しっかりと撮影用カメラでキレイに写真を撮ってからは、売れるスピードが早くなりました。

 

・撮影BOX

BOXの中に商品を入れて撮影することで、バックが白抜きになり、綺麗に撮影することができます。

アマゾンで5千円くらいで売っています。

自分で作ることも可能です。自分で作った場合、100円くらいで作成可能です。

 

・照明、レフ板

証明をレフ板に反射させて撮ります。
証明をあてることによって商品をきれいに撮ることが可能です。

撮影の基本になります。

証明は、光を発するものであればスタンドライトとかでも構いません。

 

・清掃道具

仕入れたものを清掃するときに使います。

レンズクリーナーセットとハケがあれば十分です。

テープ剥がれ等がある場合もあるのでシール剥がしもあったほうがいいです。

 

・梱包資材

ダンボール・プチプチ・詰め紙を用意しておくと、スムーズに最初の発送作業に移れます。

ダンボールは60サイズが8割、80サイズが2割くらいの比率で購入するのがおすすめです。

 

実際に揃えるものや、1つ1つの値段などを詳しく動画で解説していますので、参考にしてみてください!

関連記事

  1. カメラ転売・利益の出る商品を効率よく検索で絞る方法

  2. カメラ転売 アクセスを逃さないタイトル付け

  3. 仕入れたカメラの状態チェックの方法を解説

  4. カメラ転売で仕入れスキルを最速で上げる方法

  5. NIKONマニュアルレンズ AIとAI Sの違い

  6. カメラ転売の目標とスケジュール決めについて解説!

  7. YAHOO!IDの取得方法を解説!ヤフオクID取得

  8. カメラ転売の仕入れに役立つ効率のいい入札の仕方

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

Youtube 公式チャンネル

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。