思い通りの文章を書くために意識するべき3つのone

こんにちは ケンです!

今回は、ネットビジネスを実践するにあたって必須スキルとなるライティングのことについて話していきます。

他の所でも言っていますがネットビジネスは文章を書く場面が多いです。
メールマガジンだったり記事投稿などですね。

ある程度文章を書くことに慣れている方ならすらすらと自分の考えや伝えたいことを書けるかも知れませんが、普段文章を書く機会がなく、ネットビジネスをするために書き始めた方だったり、初心者の方は、上手く文章をまとめられなかったりと伝えたいことを上手く書けなかったりする事が多いと思います。

実際、僕もネットビジネスを始めたばかりの頃は、1記事書くのに2時間かかったり、メールマガジンを書いていても、上手くまとめられなくて配信しないときもありました。

 

ですが、書くときに少し意識するだけで読みやすくて伝えたいことが分かる文章が書けるようになる3つのONEというテクニックがあるので、今回は3つのONEについてお話していきます。

意識するべき3つのone

one market

  • 1つの市場に絞る
  • ターゲットとは関係ない物の話はしない

属性に合った話をすることで反応率が上がります。

 

one message

  • 1つの事を明確に伝える
  • 複数の事柄を組み込むのではなく1つの事を軸に書いていく

1つの事を伝えるために書くと分かりやすい文章になります。

 

one outcome

  • 出口は1つしか用意しない
  • これを読んでどういう行動をとって欲しいのかを考え、とって欲しい行動以外の選択肢を提示しない

例えば、何かの媒体に誘導したい場合は、その媒体以外のURLは張らないであったり、複数の商品のアフィリリンクを張らないなど、あれもしてください、これもしてくださいだと読んでる方が混乱してしまうのでやめた方がいいですね。

 

この3つを意識することで、大きく外れた文章を書くことを防げます。

基本的な事のように思えるかもしれませんが、改めて意識することで自分の文章を見直すきっかけにもなりますので、3つのONEを普段から意識して書いて見てください!

 
ではでは!

関連記事

  1. コピーライティングを学ぶのは3つのNOTを超えるため

  2. コピーライティングってなに?コピーライティングの基礎を知ろう!

  3. ブラインドタッチ(タイピング)をゲームをしながら楽しくマスター!!

  4. 読んだ人の印象に残るストーリーの法則

  5. 作業効率を大幅アップ!覚えておきたいショートカットキー集

  6. 辞書登録機能で、よく使う単語や文章を一瞬で呼び出す機能を使いこなそう!…

  7. 人の欲を理解して反応が取れる文章にするGDTの法則

  8. お客様が抱く5つの疑問Reasons-whyを攻略

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

Youtube 公式チャンネル