読んだ人の印象に残るストーリーの法則

こんにちは ケンです!

今回は、共感を生んで信用を高めるコピーライティングのテクニックのストーリの法則についてお話します。

ストーリーを取り入れることによって、読んでもらいやすく印象に残るコピーが書けます。
つまり、反応が取れるので信用を得やくすることができます。

ストーリーの法則を利用して商品販売することで、大きく売り上げを伸ばすことも出来るようになります。

人はストーリーが大好き??

人はストーリーが大好きです。

先ほども言いましたが、ストーリーを取り入れることで共感を生んで信用を得やすくなります。

つまり、3つのNOTの1つの、Not believeを超えることが出来ます。
人は信じられない、信用の無いものに対して購入などプラスの行動をしないということでしたね。

なので、ビジネスを実践するうえで信用が必要ということです。
普段から信用残高を高めていくことで、いざなにかオファーを掛けたときに反応を大きくすることが出来ます。

ストーリーの法則とは

人が共感をする鉄板のストーリーというのがあります。

それは、

目的のある主人公がいます(目的のために旅に出る。目的のために戦う。など)

困難・挫折に直面する(1回負ける。目的を果たせなくなるような絶望的な状況。など)

いくつもの困難を乗り越え、目的を果たす

 

ハリウッド映画で話題になるものは、ほとんどがこのパターンが入っています。
それほど、人に受けるストーリーなわけです。

これを、自分の実体験やターゲットに合ったストーリーにすることで反応が上がります。

このテクニックは、セールスのコピーだけではなく、普段のコンテンツ作成にも使えるので、是非意識して取り入れていってください!

ではでは!

関連記事

  1. 人の欲を理解して反応が取れる文章にするGDTの法則

  2. コピーライティングを学ぶのは3つのNOTを超えるため

  3. 辞書登録機能で、よく使う単語や文章を一瞬で呼び出す機能を使いこなそう!…

  4. コピーライティングってなに?コピーライティングの基礎を知ろう!

  5. ブラインドタッチ(タイピング)をゲームをしながら楽しくマスター!!

  6. 思い通りの文章を書くために意識するべき3つのone

  7. お客様が抱く5つの疑問Reasons-whyを攻略

  8. 作業効率を大幅アップ!覚えておきたいショートカットキー集

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

Youtube 公式チャンネル