couleur

Ken's Brain

マーケティングとは?ネットビジネスで学ぶべきマーケティングは?

March 16, 2015
By
約 3 分
マーケティングとは?ネットビジネスで学ぶべきマーケティングは?

こんにちは ケンです!

今回は、ネットビジネスマーケティングの基礎についてお話します。

そもそもマーケティングと言うのは、 お客様にサービスや物を商品として届ける手段の事を言います。

分かりやすいマーケティング手法で言えば、テレビCMなどの大規模広告を使ったマスマーケティングなどですね。

マスマーケティングは、商品の大量生産をし、大規模な広告を打ち大量に販売していくマーケティング手法です。

そして、ネットビジネスをやる上で学ぶべきマーケティングがあります。

ネットビジネスをやる上で、学ぶべきマーケティング

 

 

それは、ダイレクトレスポンスマーケティングです。

ダイレクトレスポンスマーケティングは、DRMと略されることもあります。

長いので、これからDRMと書きますね^^

このDRMは一体どういうマーケティングなのかと言うと、伝えることよりもレスポンス(反応)を得ることを重要視している手法です。

自分が発信したことに感想をもらうイメージですね。
そうすることで信用を得ていくわけです。

反応がなぜ信用に繋がるのかという点ですが、消費者と販売者の2つの視点から説明していきます。

反応が信用に繋がる理由(消費者側)

消費者側にとって反応が信用になる理由としては、DRMの性質にあります。

消費者側が反応(疑問や意見など)を発信した場合、販売者側はそれに対して反応を返します。

この時、1対1の関係になるため、消費者側にとっては「自分のために反応してくれた」ということになるので、必然的に販売者に興味を持つことになります。
不特定多数に送られているメッセージよりも、個人に送られてくるメッセージの方が読もうと思いますよね。

そして販売者側からの反応が的を射ていた場合、この人は信頼できる人かもしれない、と好印象を持ちます。
 

…少々突飛な発想と思うかもしれませんが、こういった細かな部分のサポート・ケアを行うことによってちゃんと消費者の声を聞いてくれるのはプラスのことですよね。

この繰り返しによって信頼の実績が増えていくため、反応が信用に繋がっていくという訳です。

反応が信用に繋がる理由(販売者側)

販売者側としては、消費者側からの反応を返していくことで、自分自身の考え方や意見などを消費者に伝えていくことになります。

これを「教育」といい、販売者側の考えと消費者側の考えをすり合わせていきます。

販売者側にとっても、興味を持っていない方に商品を売るわけにはいきませんから、ここで反応を探りながら共感できる人を探していくわけですね。
共感できない人に無理やりセールスをかけても効果はありませんし、トラブルになる可能性もありますから。

 

DRMに関してさらに詳しくお話している動画がありますので、そちらも見ていただければと思います。

このDRMは個人で大きな利益を上げるためには必須のスキルになりますので、基礎から理解して実践していきましょう!

ではでは!




Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)