DropBox(ドロップボックス)の使い方と容量の料金を解説!

インターネットを使って仕事をしていると、沢山のファイルを取り扱うようになり、その数や大きさもだんだん増えてきますよね。
特に動画作成などををしていると、あっという間にHDDがいっぱいになります。

また、複数のパソコンを使って作業したり外でパソコンを使って作業する方には、オンラインストレージの利用を強くオススメします。

そして今回は、僕も実際に使っているオンラインストレージのドロップボックスをご紹介します。

ドロップボックスは、こんな時に使える!

オンラインストレージというのは、インターネット上にファイルを保存しておけるサービスのことを言います。

イメージとしては、インターネット上に自分のハードディスクを持っている状態です。

インターネット上にファイルがあるので、ネットさえつながればどこからでもファイルを閲覧したり編集したりすることが出来ます

アクセスできる端末も様々で、複数のパソコン、スマートフォン、タブレットなどから1つのストレージにアクセスすることが出来ます。

僕はよくパソコンでテキストを書くのですが、途中まで書いたテキストをドロップボックスに入れといて、外に出て時間が少しできた時などにドロップボックスにアクセスしてテキストを編集したりしています。

スマートフォンからもアクセスできるので、外出してパソコンを持ってなくてもスマホからテキスト編集やファイルの閲覧ができる点も非常に便利です。

他には、ドロップボックスは月々1200円で1TBまで使えるようになるのですが、実際1TBも使わないので、空いた容量は単純に、容量の大きいファイルの置き場所として使ったりしています。

ドロップボックスは登録するだけで無料で2GB分の容量が使えて、大きいファイルを扱わないなら2GBでも十分に利用できますので是非導入してみてください!

ビジネスパートナーがいる場合はさらに便利になる場合も

もしあなたに一緒に仕事をしているビジネスパートナーがいらっしゃる場合は、ドロップボックスの閲覧権利をビジネスパートナーに渡すことによって相手もファイルを共有することができます。

これを行うことによって、いちいちメールなどでファイルの送信を行う手間が省け、作業の短縮になるほかになります。

この機能もかなり便利ですので、ぜひ共有したほうが早くなるという場合には活用してみてください。

ではでは!

関連記事

  1. Windows ムービーメーカーの使い方 動画の書き出しとプロジェクト…

  2. team viewer(チームビューアー)の使い方と特徴を解説!!

  3. windows live ムービーメーカーの使い方の基礎とダウンロード…

  4. Bandicam(バンディカム)の使い方と特徴を解説!!

  5. Windowsムービーメーカーで倍速動画の作成と再生速度の変更方法

  6. SNSのビジネス利用をお勧めする理由と使用する際の注意点を解説

  7. Thunderbirdサンダーバードの設定方法と使い方を解説!

  8. FFFTP(FTPソフト)の設定方法!エックスサーバー編

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最近の記事

Youtube 公式チャンネル